香嵐渓 基本情報

香嵐渓について基本情報はこちら

香嵐渓について知りたいならチェック

 

香嵐渓の石碑

 

香嵐渓について簡単な紹介をしています。

 

香嵐渓の簡単な歴史

寛永11年(1634年)頃に香積寺第11世住職三栄和尚が杉やもみじをお手植えされたのが始まりとされ、大正末年から昭和初期には住民のボランティアでモミジの大補植が施された。

 

昭和5年に香積寺の香、山中に発する山気すなわち嵐気から香嵐渓と命名。モミジの本数は4,000本を超え、11月の間は21 時までライトアップされて、昼間とは違った幻想的な雰囲気が楽しめる。

引用元:ウォーカープラス

 

スポンサードリンク

 

香嵐渓の基本情報

所在地 〒444-2423 豊田市足助町
交通・鉄道バス

名鉄名古屋本線東岡崎駅からバス約1時間10分
名鉄豊田線浄水駅からバス約1時間

交通・車

猿投グリーンロード力石ICから約15分(※)
東海環状豊田勘八ICから約20分(※)

駐車場 あり(1000円)
問い合わせ 0565-62-1272(足助観光協会)
イベント 11月1日〜12月1日(香嵐渓もみじまつり)
紅葉の見ごろ 11月中旬〜下旬(例年)
木の種類

イロハモミジ、オオモミジ、ウラゲエンコウカエデ

 

※紅葉の見ごろ時期(11月中旬〜下旬)になると香嵐渓に行くときに使う153号線は香嵐渓の紅葉目当ての観光客で大渋滞となります。

 

香嵐渓に行くなら要チェックリスト

 

 

トップページへもどる

スポンサードリンク

ホーム
渋滞回避方法 駐車場事情 紅葉の見ごろ ライトアップ